BLOG

高齢者が食べやすい食事とは🍌

2021/08/20

健康的に日々を過ごすためには食事は欠かせないものですよね。


しかし高齢になると、誰でもあらゆる場面で老化現象が出てきます。食事をする際、噛む力飲み込む力もその一つになります。


そこで今回は、高齢者が食べやすい食事についてまとめたのでご紹介します。


▼高齢者が食べやすい食事について
高齢者が食べやすい食事作りのポイントを挙げていきます。


■食べやすい食品・食べにくい食品
高齢者が食べやすい食品
・やわらかいミンチ状になっているもの
・バナナなど口の中でまとまりやすいもの
・とろみのあるおかゆ状のもの、つるんとしたゼリー状のもの


高齢者が食べにくい食品
・ごぼうなど繊維が多いもの
・海苔など口の中に張り付くもの
・お茶漬けのように液体と固体が合わさっているもの
・パンなどパサパサしたもの
・さらっとした水分やレモンなど酸味のあるむせやすいもの


■食べやすくなるための一工夫
高齢者が食べやすくするために工夫できることがあります。
・りんごやじゃがいもなど硬い食べ物は、すりおろして調理をします。
・繊維が多い野菜は、隠し包丁で調理し、やわらかくなるまで火を通します。
・肉や魚など筋が多いものは、切って叩きます。
・食材を一回茹でてから炒めたり、一回焼いてから煮込んだりと手間をかけます。
・卵やマヨネーズやヨーグルトなど、とろみのある食材を上手に活用します。
・さらっとした水分や飲み物、パサパサした食材は、片栗粉やゼラチンなどでとろみをつけます。

 

▼安全に食べてもらうために心がけること
・姿勢に気を付ける
・よく噛むように促す
・適切な補助具を使用する
・普段から口の中を清潔にする
・入れ歯のお手入れをこまめにする


これらに注意して、快適に食べてもらいましょう。


▼まとめ
高齢者にとって食事は大きな楽しみの一つです。
今回のポイントをおさえて、高齢者が食べやすい食事を考えてみましょう。