BLOG

訪問看護ステーションのリハビリについて

2021/07/30

訪問看護ステーションのリハビリは看護師や理学療法士が訪問しリハビリを行うことですが、一体どのようなサービスなのでしょうか。


そこで今回は、訪問看護ステーションの訪問リハビリについてご紹介します。

 
▼訪問介護ステーションのリハビリとは
訪問リハビリはだれでも利用できるわけではありません。
医療保険や介護保険などで、利用できる対象者も変わります。


■医療保険で利用できる人
・要介護認定を受けていなくて、訪問リハビリの必要があると主治医が判断した人
・要介護認定者で、構成労働大臣が定めた疾病などの患者や急性増悪などの場合は、医療保険で訪問リハビリの利用ができる


■介護保険で利用できる人
・要介護認定を受けた要介護1~5、要支援1・2の人で、訪問リハビリの必要があると主治医が判断した人


■訪問リハビリの種類
訪問リハビリの種類は、提供する事業所であったり保険制度により変わってきます。
・訪問看護ステーションが介護保険で提供するリハビリ
訪問介護ステーションが介護保険で提供するリハビリは、1回20分の利用としています。
1日3回まで、週6日まで利用ができます。


・訪問看護ステーションが医療保険で提供するリハビリ
訪問看護ステーションが医療保険で提供するリハビリは、1回30分~90分が基本となります。

 

■訪問リハビリを利用できない場合もある
・認知症対応型共同生活介護
・地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護
・地域密着型特定施設入所者生活介護
・特定施設入居者生活介護
・短期入所生活介護
・短期入所療養介護
これらのサービスを利用している人は訪問リハビリを利用できません。

▼まとめ
広島で訪問リハビリや訪問看護のことでお困りがあれば、東広島市を中心に地域密着のサービスを提供している訪問看護ステーション ヒノキに
お気軽にお問い合わせください。