BLOG

訪問看護と訪問介護の違いとは

2021/06/10

訪問看護訪問介護にている2つですが、違いが良く分からないという方も多いのではないでしょうか。
この記事では訪問看護訪問介護の違いについて説明しています。


訪問介護とは
訪問介護は、ヘルパーが利用者の自宅を訪問し、生活のサポートをするサービスのことをいいます。
具体的には以下の内容になります。


■身体介護
身体に直接触れておこなう介護が身体介護です。
入浴介助、排泄介助、全身清拭、食事介助、体位変換、服薬介助、起床・就寝介助、通院・外出介助、更衣介助など

■生活援助
生活援助は、介護を必要としている本人あるいはその家族が家事をおこなうことが難しい場合、ヘルパーが自宅に訪問し日常生活の援助をおこないます。
掃除、洗濯、ゴミ出し、ベッドメイク、料理、衣類の整理、買い物、薬の受け取り
安心して日常生活を送るために身体向上のためのサービスとなっています。

 


訪問看護とは
訪問看護は、看護師が自宅に訪問し、病気や障がいに応じて看護や医療処置をおこなうというサービスです。
具体的には以下の内容になります。


■療養上のお世話
食事や排泄、入浴介助など


■医療処置
主治医の指示に基づいた点滴や傷の治療など


■健康状態の観察
血圧、体温、脈拍などの確認や問診など

 

■医療機器の管理
人工呼吸器などの管理や指導など


■家族の相談
介護に関してお困りの方へのアドバイスや支援

 

■ターミナルケア
末期のがんや終末期などで、自宅で最期を迎えたい方の看取り、家族の心のケアなど訪問看護のサービスは健康管理から医療処置まで幅広いものとなっています。

▼まとめ
訪問看護訪問介護。どちらが自分または家族に適しているのか見極めて選びましょう。
訪問看護ステーション ヒノキは訪問看護のサービスを提供しております。
訪問看護でお悩みの方は一度ご相談ください。