BLOG

十五夜 🌕

2022/09/09

毎年、十五夜にかこつけて、ささやかな団子を食べているヒノキ・ブルーです。

 

今年(2022年)の十五夜は、明日の9月10日(土)だそうです。

 

十五夜の日はどのように決まるのでしょうか。
実は、十五夜は「旧暦の8月15日」のことを言うそうで、毎年誰かが日付を指定しているわけではなく、旧暦に合わせて決まるものだそうです。

 

十五夜とは、本来、月齢(新月の時をゼロとして計算)の15日目をさすもので、15日目はほぼ満月となっているそうです。
旧暦は、月の満ち欠けで一ヶ月の長さを決めていたようなので、毎月のように十五夜がありました。
その中で特に月が美しい旧暦8月15日のことを十五夜といって「中秋の名月」を見る行事となったようです。

 

旧暦の8月15日をベースに新暦に置き換えている為、十五夜の日付は毎年かわるようです。
ただ、旧暦も月の満ち欠けのサイクルと微妙なズレがあるようで、十五夜が必ずしも満月になるとは限らないようです。
とはいえ、ずれても1日くらいみたいなので、ほぼ満月であることは間違いないようです。


 

また、十五夜の時期は、夏の作物の収穫が終わり、稲刈りをするまでの手の空く時期だったことより、諸説あるようですが、この時期に収穫を祝う祭りを行っていたことが、お月見の始まりともいわれているようです。
そのため、十五夜の時はお供え物をするようになったそうです、

 

お供え物は、月見団子、すすきなどをすぐ思い浮かべますが、それ以外にもサトイモやサツマイモなどのイモ類をお供えしたり、クリやカキなどの秋に収穫できる果物や野菜などをお供えしたりすることもあるようです。

 

現時点での東広島市の9月10日の天気は、曇りの予報ですが、お供え物を用意石、夜には空を見上げてみましょう(^^)/

 

_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£
|訪問看護ステーション ヒノキ
|〒739-0025
|広島県東広島市西条中央5-7-8 ウイング1ビル 203号
|TEL:082-431-6606
|FAX:082-431-6607 
_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£