BLOG

白菜のおいいしい季節になりました!

2021/12/10

めっきり寒くなりましたね。
秋から、すでに3回以上、鍋を食べているヒノキ・ブルーです。

 

鍋に入れる代表的な食材の1つである、白菜について、今回は調べてみました。

冬が旬である白菜は、東広島市ではそろそろ収穫時期になっているようです。


ところで、白菜にはどのような栄養があるのでしょう。
白菜の大部分は水分で出来ている為、低カロリーでとてもヘルシーな食べ物であるようです。
もちろん、以下のような色々な栄養が含まれています。

 

・高血圧予防に効果的なカリウム
・風邪予防や免疫力アップに効果的なビタミンC
・カルシウムの吸収をよくする働きがあるビタミンK
・骨粗しょう症の予防に欠かせないカルシウム
・味覚を正常に保つ働きのある亜鉛
食物繊維

 

 

白菜を料理していて、白菜に黒い点があるのを見つけたことはありませんか?
これは、“ゴマ症” と呼ばれるものらしいです。
“症”とついているものの、病気ではないそうで、黒い点の正体はポリフェノールの塊だそうです。
名前は聞いたことがあると思いますが、ポリフェノールは植物が光合成によって生成する抗酸化物質のことで、ほとんど全ての植物に含まれていて、植物の色や苦味の元になっているようです。


白菜の場合、栽培や保存環境が原因によるストレスから、ゴマ症がよく発生するそうです。
ポリフェノールなので、もちろんゴマ症の白菜は、問題なく食べられます。
ただし、ゴマ症の白菜の方は、黒い点が多いほど味が落ちるようですので、早めに食べた方がよいようです。

 

家庭菜園で白菜を作っている場合、収穫時期はどうしても同じような時期になるので、大量の白菜を保存しておく必要がありますよね。
もちろん、常温で新聞紙などに包んで立てて保存する方法もありますが、冷凍保存もできます。
生のままでも、一度ゆでてからでも、適度な大きさに切ったものを冷凍しておくと、凍ったまま料理に使えるので、とても簡単です。


冷凍だと、1ヶ月くらいは保存できるそうなので、白菜が痛まないうちに、冷凍保存してあげると良いかもしれません。

 

今が旬の白菜を美味しく頂きましょう!

 

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄
|訪問看護ステーション ヒノキ
|〒739-0025
|広島県東広島市西条中央5-7-8 ウイング1ビル 203号
|TEL:082-431-6606
|FAX:082-431-6607 
_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄