BLOG

梅雨🐜

2021/07/14

雨が降ると、子供たちのお迎えや習い事の送り迎えなど、ほんと嫌になるヒノキ・ブルーです。

 

今年は、広島県でも、例年になく早々と5月の半ばから梅雨入りしましたね。
梅雨明けの予想としては、例年よりもちょっとだけ早いかもしれませんが、7月の半ばくらいのようです。
ということは、そろそろですかね。

 

今年の梅雨は、晴れ間が続くこともあり、梅雨であることを忘れそうになりますが、梅雨の時期の長雨は気分だけでなく体調も不調になったりしませんか?

 

梅雨の時期、気圧の変化が起こると、身体がその変化に対応しようとして、結果的に自律神経が乱れやすくなるそうです。

気象の変化が原因とみられる症状を「気象病」と呼ばれているようですが、その気象病の多くが自律神経の乱れによって引き起こされるようで、症状としては、吐き気、肩こり、頭痛、めまい・耳鳴り、下痢・便秘、関節痛・神経痛など全身に現れる可能性があります。
また、やる気が出ない、イライラしやすい、集中力低下など精神面に及ぶこともあるようです。

 

自律神経が乱れる最も大きな原因はストレスのようで、梅雨時期の自律神経の乱れを抑えるためにも、下記3点に特に気を配りストレスを溜めないようにした方が良いそうです。

・規則正しい生活と十分な睡眠
・バランスの取れた食事
・適度な運動

 

分かってはいるものの、なかなか難しいですよね。。。ちょっとずつ改善できるように頑張りたいものです。

さて、梅雨時期になると、我が家は古いせいか、どこからともなくアリが家の中に入ってきます。
アリ自体の活動が、梅雨から夏にかけてとても活発になり、それに加え梅雨時期はもちろん雨が多いので、雨の当たらない軒下→床下→家の中という感じで、雨の当たらない家の中へ積極的に入ってくるのではないかと思っています。

 

数年前は、毎年台所に出没して、置いていた残飯や、子供たちが落とした菓子くずなどに群がっていました。
その都度、侵入経路の隙間を潰したり、殺虫剤をまいたりしたおかげで、最近では、台所に侵入することはなくなっていました。
が、今度は食べ物のない和室に何匹ものアリが。。。


アリの好むようなものはありませんが、入ってきたアリを潰すとそれが残っているとそれを目当てに他のアリがやって来るという感じで、パラパラといるし、部屋に置いている物も多いし、侵入経路が見つけられません。

 

アリは、酢水やレモン水などが苦手という情報があったので、柑橘系のウェットティッシュで拭いてみたり、酢水で拭いてみたりしたのですが・・・
まあ、減ったような気がするかな~という感じでいたら、今度は洗面所にアリが(>_<)


和室よりもアリの数が多く、和室と同様に柑橘系のウェットティッシュや酢水で拭いてもあまり効果は見られず、あからさまに壁と床の隙間に侵入経路があるようなので、実質的にふさぎました。
数匹は残っていますが、かなり改善されました。

 

アリが侵入して来る要因としては、食べ物のにおいが外に漏れていくことが挙げられるらしく、この時期は、いつも以上に掃除をして食べかすとかが床などに残っていないようにすると良いそうです。
また、実際に入り込めないように隙間対策もしておくと良いようです。

早く梅雨があけてほしいものです(-_-;)

 

_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£
|訪問看護ステーション ヒノキ
|〒739-0025
|広島県東広島市西条中央5-7-8 ウイング1ビル 203号
|TEL:082-431-6606
|FAX:082-431-6607 
_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£_/ï¿£