BLOG

子供たちのウイルス性胃腸炎(T_T)

2021/06/15

今年のゴールデンウィーク前後は、子供たちの胃腸炎の看病に明け暮れたヒノキ・ブルーです。

 

4月後半に、なんとなく噂で、幼稚園とかで今ノロウイルスが流行っているよという情報は聞こえて来ていましたが、まさか、小学生の上の子が嘔吐症状を起こすなんて!!

 

ノロウイルスはカキなどの2枚貝などが持っているイメージがあって、カキのシーズンの1~2月くらいに流行るものと思っていました。
調べてみると、確かに、ピークはそうらしいですが、1年を通して感染者はいるようです。

 

嘔吐の回数が多いので、小学生の上の子を病院に連れて行きましたが、胃腸炎であることは確かですので、何のウイルスかは特定せず、お薬をもらって自宅療養することにしました。

 

自宅でも嘔吐はありましたが、下痢症状もなく、少し症状が改善されたのですが、その際に食べたものが悪く、嘔吐をぶり返したり、腹痛を訴えたりとなかなか症状が治まらず、何度か病院のお世話になりました。

 

その間、上の子の症状も心配でしたが、家庭内感染も気を付けないといけません。
しかし、嘔吐も袋の中や、トイレでしてくれていたので、特別に気を付けることもなく過ごし。。。


胃腸炎の潜伏期間は、ノロウイルスだと、1~2日程度、他のウイルスも大抵3日くらいのようで、3日くらい経過した時点で他の家族には症状がなかったため、家庭内感染せずにすんだことは、よかったなーと漠然と安心していました。

 

そんなこんなで上の子の症状が改善し、上の子が発症してから9日、症状改善してから4日くらい経過した後、下の子が嘔吐の症状を発症(T_T)。

 

病院に行き、すでにその当日でもノロウイルスの患者さんが出たらしく、幼稚園でも情報が必要な為、下の子はノロウイルスかどうかの検査を行いました。
結果、ノロウイルスではなかったですが、おそらく上の子から感染したものだろうということでした。
症状は上の子同様、下痢症状はなく嘔吐のみ。

 

潜伏期間からみるとちょっと長いなーって思っていたら、感染性胃腸炎の原因ウイルスは症状が回復したとしてもその後1週間程度、長ければ1ヶ月程度は便中にウイルスが含まれているのだとか!
トイレはもちろん共同で使用するし、タオルも共有していましたのでそこから感染したのかなって感じです。

 

下の子は、嘔吐の際に袋を使用してくれようとするのですが間に合わず、リビングにぶちまける事2回・・・
ソファーのカバーが洗濯可能な物で良かったです。
季節の変わり目なので、洗濯の機会をもらえて、ちょうど良かったと思うことにしましたが、なかなか処理は大変で、、、

 

嘔吐などで床や服などが汚れた場合は、ノロウイルスなどの感染性胃腸炎のウイルスは、アルコール消毒は効かず、次亜塩素酸ナトリウムなどの溶剤で消毒する必要があることは良く知られているところだと思います。


それに加え、家庭内で感染性胃腸炎が発生した場合、トイレなどでも感染を防ぐために、窓を開けてトイレを換気し、手洗い後のタオルの共有は避ける必要がありそうです。
また、共通で触るドアノブやスイッチなどを消毒することも感染予防へとつながるそうなので、これからは気を付けようと思います。

ちなみに、胃腸炎になった二人とも、途中に症状がぶり返したのですが、その理由はチョコ菓子のようで。。。


ちょっと食欲が戻ってきたら、どーしてもおやつを食べたがり、嘔吐もなくご飯も食べられるようになったので大丈夫かなと、お菓子を食べることを許したのですが、、、
結果、チョコレート菓子を食べてしまい、しばらくして嘔吐しちゃいました。

 

調べてみると、チョコレートなどの甘いお菓子などはやはり胃に負担がかかるようで、ちょっとなら大丈夫と思ったのは間違いでした。。。

油が多い食事は避けていたのですが、早く治すためには完璧に調子が戻るまでは、ほんとに消化の良いものを食べる必要があるようです!


これまで、家族に感染するような胃腸炎になったことがなかったので、ちょっと気を抜きすぎていました(-_-;)
家庭内感染を防ぎ、胃腸炎を早く治すためには色々と気を付けないといけないようです!

 

梅雨真っ只中の6月現在、食あたりも増えますし、胃腸炎もちらほらなっている方もまだおられます。
ジメジメした天気のなか、気を付けて過ごしましょう。

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄
|訪問看護ステーション ヒノキ
|〒739-0025
|広島県東広島市西条中央5-7-8 ウイング1ビル 203号
|TEL:082-431-6606
|FAX:082-431-6607 
_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄