BLOG

クリスマス🎄

2020/12/23

もうすぐクリスマス、今年はバタバタしていてクリスマスケーキの予約もギリギリになったヒノキ・ブルーです。

 

今年は、コロナウイルスの感染拡大もあり、イルミネーションクリスマスイベント、年越しのカウントダウンイベントが軒並み中止になってきています。


広島県内もコロナウイルスの感染が劇的に拡大している状態で、平和大通りのドリミネーションも早めに終了することになり、残念な状況ですね。

 

そんなコロナ禍のなかで、WHO(世界保健機関)は、世界中の子供たちに向けて、次のような声明を発表したそうです。

サンタクロースには新型コロナウイルスの免疫があり、プレゼントは届く

なんとも、子供たちには喜ばしいお話です!!

我が家では、毎年、ドリミネーションをはじめ、イルミネーションを何か所か見に行っていましたが、今年は、こんな状況なのでまだどこにも行けていません。


そこで、今年はお家でもクリスマスを感じてみようと、初めてアドベントカレンダーを買い、ツリーも飾ってみました。

 

まず、アドベントカレンダーアドベント(Advent)ですが、イエス・キリストの誕生を待ち望む期間のことだそうです。
そしてイエス・キリストの誕生日までをカウントするためのカレンダーがアドベントカレンダーのようです。


本来は、12月25日に最も近い日曜日から数えて4週間前の日曜日からカウントが始まるそうです。
ただ、発売されているカレンダーの多くは、12月1日から24日間をカウントダウンするものとなっています。

 

実は、アドベントカレンダーの存在は、あんまり知らなかったのですが、近くのスーパーにも置いてあるのを見つけて思わず買ってしまいました。。。


我が家で買ったカレンダーは、毎日お菓子が出てくるもので、子供たちも仲良く順番に開けてはお菓子を食べているのですが、カレンダーの種類としては、その他にも様々なものがあるようです。
ツリーに飾るオーナメントが出てくるもの、レゴおもちゃコスメなどが出てくるものなど、色々な種類があり、毎年飽きずに楽しそうです(^^♪


次にクリスマスツリーについてですが、本来クリスマスツリー自体は、キリスト教由来ではないそうです。


ツリーに使われる木は常緑樹であるモミの木のようですが、生命力の象徴とされている縁起物のようで、ドイツでは新年や行事にはモミの木に様々な飾り付けをする文化があったそうです。
その為、実際にクリスマスツリーを使うようになったのはドイツが起源とされているようです。


また、オーナメントにもそれぞれに色々と意味があるようで、例えば、ツリーの天頂に飾る星は、イエス・キリストが生まれたユダヤ・ベツレヘムの空に輝き、東方の三博士にその誕生を知らせたとされる「ベツレヘムの星」を表していると言われているそうです。

 

子供たちはオーナメントの意味も分からず楽しそうに飾り付けをしていましたが、もう少し大きくなったら、オーナメントそれぞれの意味を調べながら飾り付けするのも楽しそうですね!

 

今年は、お家でのんびりクリスマスを迎えましょう(^^)/

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄
|訪問看護ステーション ヒノキ
|〒739-0025
|広島県東広島市西条中央5-7-8 ウイング1ビル 203号
|TEL:082-431-6606
|FAX:082-431-6607 
_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄