BLOG

免疫力を高める方法

2020/05/13

こんにちは!ヒノキ・ブラックです。

 

現在、猛威をふるっているコロナウイルスですが、今のところワクチンも完成しておらず、特効薬についても、何個か候補はあるものの臨床中のものが多く、確実な治療法が確立されていません。

 

そこで、現時点でできる予防について考えてみましょう。
簡単だけど、一番大事なのが、手洗い・うがいです。
それに加えて、免疫力アップを心がけてみませんか?

 

まず、免疫とは、私たちの身体の自己防衛システムのことです。
免疫細胞という細胞が、がん細胞や細菌・ウイルスなどを撃退するように常に見張っています。


免疫力のシステムは、15歳ころまでに完成しますが、20歳を境に落ちる為、大人になってからは自分の免疫力を高めるために、日常的に免疫力アップを意識しておくことが大切です。


免疫力アップにつながる「食事」「睡眠」「運動」についてみていきましょう。

1. 食事
・栄養バランスのよい食事が大切です。

 

・朝、昼、夜の3食を規則正しく心がけます。

 

・肉や魚、卵などに多く含まれるタンパク質は、免疫細胞の主成分となる栄養素で免疫力アップに欠かせません。

 

・亜鉛やセレンといったミネラルには、免疫細胞を傷つける活性酸素から免疫細胞を守る働きがあります。
活性酸素とは、ストレスや老化、紫外線などによって体内に増加する物質で、体内の細胞や組織にダメージを与えます。

 

活性酸素を除去する働きを抗酸化作用と言い、ミネラルの他、ビタミンAやビタミンCもこの抗酸化作用を持つため免疫力低下の予防に役立ちます。

 

2. 睡眠
・疲れているとウイルスに感染しやすくなります。

 

・理想の睡眠時間は、大人6~8時間、子供9~11時間と言われています。
※個人差がありますが、ぐっすり眠ることが大切です。

 

・午後10時頃からの睡眠はとても大切で免疫力を高めるリンパ球をたくさん作りだしてくれるのがこの時間です。

 

3. 運動
・抵抗力、免疫アップに必要なのが適度な運動を毎日続けること。

 

・軽く汗をかくウォーキングがおすすめです。
※筋肉が疲労するほどの過度な運動は逆効果なので注意!

 


まだまだ、コロナウイルスは終息してはいませんが、可能な限り自宅で自粛するとともに、簡単にできるとこから免疫力アップを心がけてみるのも良いかもしれません。

 


_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄
|訪問看護ステーション ヒノキ
|〒739-0025
|広島県東広島市西条中央5-7-8 ウイング1ビル 203号
|TEL:082-431-6606
|FAX:082-431-6607 
_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄