BLOG

訪問看護とは?

2020/02/28
訪問看護とは?

こんにちは!ヒノキ・ブルーです。
今日は、わが社の仕事について、ちょっと紹介をしてみようと思います。

 

まず、「訪問看護って何をするの?」って思われている方も多いと思います。


人が暮らしていく上で、”食べること・排泄すること・体をきれいに保つこと”は大切です。
訪問看護では、これらのことを医学的な観点からケアし、サポートを行っています。
つまり、看護師等が、利用者のお家に訪問して、その方の住み慣れた環境で、その方らしい生活を送れるように、必要に応じた看護を行います。

 

下記は、ケア内容の一例です。
①食事の管理とケア
食事摂取への支援
脱水予防、誤嚥の防止
胃ろうなど経管栄養の管理

 

②排泄の管理ケア
排泄のコントロール(服薬指導、浣腸、摘便など)
排泄の自立支援
人工肛門、人工膀胱の管理

 

③清潔ケア
清拭、洗髪、入浴介助など
皮膚のトラブルの防止

その他、全身の健康状態の確認、点滴注射などの医療行為など。

 

では、どのような方がサービスを受けられるのでしょうか?
実は、病気や障害で在宅療養されている方、退院を予定している方や、認知症、精神疾患の方など、赤ちゃんから高齢者まで、訪問看護を必要とするすべての方が対象となります。

 

訪問看護は、医療保険介護保険でサービスを受けられるようになっています。
どちらもサービスを提供するには、医師の指示書が必要になります。
介護保険適用の場合は、それに加えて、ケアマネージャーが利用者さんの状態や意向をもとに立てたケアプランに訪問看護が組み込まれていることが必要になります。
そのケアプランに沿って、訪問看護サービスは行われます。
すなわち、医療行為等は医師の指示がないとできません。

 

訪問看護にて、医師の指示書に沿ってサービスを定期的に行うことにより、健康状態、病気の状態などを常に把握し、何かしらの変化が見られれば、主治医とすぐに連携できることから、病態の悪化を防ぐことにも役立ちます。
場合によっては、ケアマネージャーや地域の包括支援センターなどとも連携します。

 

医師の指示書に沿ってサービスを行うので、「誰がやっても同じでは?」って、思われるかもしれませんが、そんなことはもちろんありません。
看護師と利用者さんの相性などもありますし、ちょっとした心遣いによっても利用者さんとの関係は格段に変わってきます。


訪問看護ステーション ヒノキでは、まずは利用者さんとの信頼関係を築くとともに、利用者さんのみならず、そのご家族の皆様との関係も大事にしております。
また、医師の指示書に沿ったサービスを行う上でも、色々と工夫や改善を行っています。

 

下記は、その一例です。
・利用者さんだけでなく、家族のかたの精神面も支えられるようにする。
・筋力向上のため棒体操を行う際に使用する棒を試行錯誤して作成。
・乾燥肌の利用者さんのために、症状改善を考える。
 ※実際には、入浴時の入浴剤の利用を試み、かつどの入浴剤がいいかを試行してみた
  ⇒実際に乾燥肌の状態は改善してきています。
・緊急時の24時間対応サービス。

 

などなど、実際に看護を行いながら、いかに利用者さんがその方らしく、穏やかに過ごしていただけるかを考えながら、真心と笑顔でサービスを提供しております。

 

訪問看護を検討されている方、興味をお持ちの方など、お気軽にわが訪問看護ステーション ヒノキにご相談下さい。

お問い合わせお待ちしております。

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄
|訪問看護ステーション ヒノキ
|〒739-0025
|広島県東広島市西条中央5-7-8 ウイング1ビル 203号
|TEL:082-431-6606
|FAX:082-431-6607 
_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄