BLOG

乾燥による肌荒れに良い食べ物とは?

2019/12/23

こんにちは!ヒノキ・ブルーです。


前回は乾燥による肌荒れに悪い食べ物について書きましたが、今回は、良い食べ物について書きたいと思います。

 

肌荒れにおススメの栄養素としては、先ずは、タンパク質ビタミン必須脂肪酸などです。
それぞれを多く含んでいる食品、その栄養素の働きは以下のようです。

 

タンパク質
食品:肉や魚、卵、大豆製品、乳製品など
働き:肌に限らず、体を作るうえで欠かせない成分

 

ビタミンA
食品:牛・豚・鶏レバー、うなぎ、にんじんなど
働き:皮膚にうるおいを与える

 

ビタミンB2
食品:牛・豚・鶏レバーや牛乳、アーモンドなど
働き:皮膚の新陳代謝を促す

 

ビタミンB6
食品:カツオ、マグロなど
働き:皮膚の健康維持に役立つ

 

必須脂肪酸
食品:サバやイワシ、えごま油
働き:肌をキレイにしたり、老化を防止する

あと、これまでのブログでも登場してきた「セラミド」や「コラーゲン」です。


セラミドは、表皮に存在しているので、セラミドを含む化粧品を塗ることで、ピンポイント且つ速攻で効能が感じられるかもしれません。
しかし、全身への効果が期待できる食べて摂取することが勧められているようです。

 

また、コラーゲンも表皮の下の真皮に含まれているため、食べたり飲んだりして摂取することが勧められているようです。

 

それぞれを多く含んでいる食品、その栄養素の働きは以下のようです。

セラミド
食品:こんにゃく芋、米、牛乳
働き:バリア機能をきちんと働かせるための必須成分
  ※バリア機能とは、本来肌に備わっている乾燥やほこりなど、肌荒れを引き起こす外部刺激から肌を守るための働きのことです。

 

コラーゲン
食品:豚足、鳥の皮、軟骨、スッポン、フカヒレ
働き:肌のハリや弾力をキープする成分


結構、色々な食材がありますね(^-^;
勝手な想像では、野菜がずらりと並ぶと思ってましたが、肉や魚が案外多いことに驚きです!

 

肌荒れが気になる方は、無理なく簡単に料理できるものからメニューに加えてみてはいかがでしょうか?

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄
|訪問看護ステーション ヒノキ
|〒739-0025
|広島県東広島市西条中央5-7-8 ウイング1ビル 203号
|TEL:082-431-6606

|FAX:082-431-6607
_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄